« 増え続ける○○人口♪ | トップページ | 春風めぐる@湘南 »

続・ごんばちの行方(ちょっと面白いことになってきました♪)

新年度や新たな環境で今日を迎えた皆様、おめでとうございますshine

各地で桜も咲き誇り、門出を祝っているかのようですね。


この度、へっころ谷からもステキなお知らせがあります。

へっころ谷先代が14年前に始めた姉妹店「ごんばち」はこの6月に店仕舞いとなりますが、

あの建物が有志らの手によって移築再生される可能性が出てきたことは先日お知らせいたしました。


29855435_1664183416994385_139254331


その後、神奈川県まちづくり文化協会内に「ごんばち移築再生検討委員会」が立ち上がり、2158回の審議を重ね、ようやく移築エリアと活用方法が確定しました。

まず移築先ですが、もちろん地元藤沢へとの要望も強く、

・藤沢市役所の新館として利用
・江ノ島島内に野良猫の温泉施設として利用
・辻堂の某ハンバーガーチェーン店がオーガニックな新店舗として利用

など、様々な可能性を探りましたが、

大学教授、建築士、古民家再生協会会員、文化評論家、まちづくり評議委員、歯科医など、
移築再生に関係する専門家の皆さんが議論を重ね、
決定した移築場所は、なんと灯台下暗し、長くお付き合いのあった田中自動車さんが昨年末に廃業して空き地になっているへっころ谷真横の土地に決まりました。



そして活用方法ですが、
移築後はシードバンクの拠点として活用されていくことになりました。


シードバンクってご存知でしょうか?

遺伝子多様性維持のため、各地の貴重な在来種を保存する仕組みや施設のことです。
あの古民家が持つ湿度調整機能などが種の保存には最適のようです。

世界各地には先進的なシードバンクが存在しますが、日本で有名なのは安曇野のシードバンクプロジェクトですね。
http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/tanecafe201429.htm

昨年には岡本よりたかさんがたねの学校を立ち上げています。
https://www.soramizu.com/%E3%81%9F%E3%81%AD%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%86/

また政府機関も将来を見据えて伝統在来の種子を関係管轄で保存していると聞いています。


このような動きと連動していくことも検討されましたが、
せっかくならあの建物ならではの種を保存していきたいと検討を重ね、
他の施設では保存できない種を守っていくことになりました。

ひとくちに種といっても様々ですが、
ごんばちシードバンクで保存していく種は「悩みの種」。

悩みというものは本来、人生をより豊かにしていくためにその人に与えられた宿題のようなものですが、悩む必要がない無意味ことに延々と悩み続けることは、単に心身を疲弊させることにつきません。

何が宿題で何が無意味な悩みなのかは経験の積み重ねによって判別できていくようになりますが、そこに至るまでは先人の経験が重要なヒントになる場合があります。


そこで新たに移築再生される「ごんばちお悩みシードバンク」では、この世界を生き抜いていく次世代のために様々な「悩みの種」と「その解決法」を各地から採種して最良の保管状態で保存し、必要な方に無償で情報開示していくこととなりました。


悩みというものは本当に人それぞれが別々の問題を抱え、通り一辺倒に解決できるものではありません。

そこで多くのカウンセリング機関や専門家が存在し、その悩みに寄り添ってその人に見合った解決方法を一緒に探ってくれています。


これはその人固有の個性とも言えます。


しかしながら現政府はこの大切な個性のひとくくりにし、悩みの種子法を廃止して民間企業のカウンセリング参入を認めようとしています。


なので今後は市民が協働して悩みの種を管理保存していく必要性があります。


ただしこちらは前例のない世界初のシードバンクスタイルとなりますので、「本当に悩みの種を保管するのに最適な建物環境なのか?」「もしも在来の悩みの種にF1種(1日限りの悩み)が交配した場合の保証はどこが請け負うのか?」などといった慎重な声も出ています。

そこでまずはパブリックコメントにて今現在「悩みの種」と「その解決法」を、どれだけの人が蓄積しているかをサンプリングとして広く募集することになりました。

以下の、
「ごんばちお悩みシードバンク移築再生についてのガイドライン」
意見募集について協力して頂ける方は、「あなたが抱え込んだことのある悩みの種とその解決法」を教えていただけると嬉しいです。

以下をダウンロードして記入して下記の宛先までFAXで送ってください。

29942542_1664183086994418_162811969

この記事をフェイスブック経由でご覧の方はコメント欄に記入していただいても結構です。

いただいた意見は個人情報を遵守し、厳重に保管いたします。

送っていただいた方の中から抽選で10名様に、悩みなど瞬時にどこかへ吹き飛んでしまう、ごん父の名言集(手書き)を差し上げます。

こうした悩みの種保存活動が、いつか個性を尊重して誰もがイキイキと輝ける社会になっていくことを願ってやみません。

どうぞご協力をお願いいたしします。

FAXの宛先「ごんばち移築再生検討委員会」

0466-088-4289(わはは4月バカ)

上記回線が混みあっている場合は

0466-088-8220(わははエイプリルフール)

までお願いします。

パブリックコメントの募集期間は本日平成30年4月1日~平成31年4月1日までです、お早めに♪


‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

平和な世界と笑顔のために★

     No Nukespunch
        One Lovegood
           Organic Peacescissors

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

『元祖へっころ谷』
OPEN11:30~22:30(LO21:30)
準備休憩時間
↓↓↓↓↓↓
平日 14:30~17:00(7・8月は14:30~17:30)
土日祝 15:30~17:00
定休日 毎週火曜日
〒252-0813 藤沢市亀井野3-30-1
TEL&FAX 0466-82-1702
【Facebook】https://www.facebook.com/hekkoro/
【インスタグラム】https://www.instagram.com/hekkorodani/
【HP】http://hekkoro.com/ 
【MAIL】hekkoro☆tbp.t-com.ne.jp(☆を@にしてください)

姉妹店『へっつい庵ごんばち』
〒252-0824 藤沢市打戻2982
TEL&FAX 0466-48-0055
【HP】http://hekkoro.com/

『元氣道場』
温熱療法のリラクゼーション 身体を温めて癒す「炭温石マッサージ」
へっころ谷から南へ47歩です♪
http://genkidojo.com/pc/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

|

« 増え続ける○○人口♪ | トップページ | 春風めぐる@湘南 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141711/66561076

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ごんばちの行方(ちょっと面白いことになってきました♪):

« 増え続ける○○人口♪ | トップページ | 春風めぐる@湘南 »