« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

オキナワンな夜でした~

7月28日(木)・・・上天気♪

003_2

沖縄ナイト限定「沖縄プレート」

ジューシー(炊き込みご飯) ☆
ゴーヤチャンプルー ☆
ラフテー ☆
もずくの酢の物
ゴーヤの和え物 ☆
車麩ときゅうりの白和え
サーターアンダーギー ☆

☆印は今年も藤沢の「やいま食堂」の店主が作ってくれました。
http://yaima-shokudou.com/
美味しくてリーズナブルな本場仕込みの沖縄料理が近場で食べられる嬉しいお店、夜は串焼きに泡盛もおすすめです。

005_2

そしてみなさんが持ち込んでくれた手料理もカウンターに並びました。

002

駐車場では子供たちがスイカ割りで盛り上がりました~

001

「輪」http://yokohamaodenkai.web.fc2.com/
オリジナルもまじえながら、馴染みのある沖縄の歌を演奏してくれ、みんなで大合唱♪

0011_2

沖縄の「ウチナーグチ」も楽しいけど、山梨の「甲州弁」も楽しいです
即席、甲州弁講座~♪

007_2

「みるく」http://homepage1.nifty.com/ASIBI/
最後はやっぱり、このお二人!
ゆったりと聞き入らせてくれました

「てーげー」

沖縄の言葉で「いい加減」とか「ほどほど」とか。
自分はこの言葉を、「身の回りにあるもので楽しむ」などと勝手に解釈しています。

カンカラ三線を、米軍が捨てていった空き缶と野戦ベッドの廃材などを利用して作り、何もない時代に文化を継承しながら楽しんだ、という有名な話がありますね。

実は沖縄の食文化にもその「てーげー」なスピリッツが残されていて、フーチャンプルーなどに使われる「車麩」は、戦争で沖縄が焼け野原になってしまったときには、麩を作る専用釜がなくなり、一時はまったく製造が途絶えてしまったそうです。

それを、残された不発弾を拾い、薬莢(やっきょう)の中に寝かせた生地を巻いたパイプを入れ、木炭で火をつけて、一つ一つ焼いて、食文化を守ったそうです。

また原料も、当時アメリカからの供給が最も多かった小麦粉。

そして、さらに「すごい!」と思った話。

この小麦粉のグルテンが麩になるわけですが、グルテンを分離して残ったでんぷんが、沖縄独特の黒線香のつなぎに利用されているということです。

すごいですね。

自然農法では、他から微生物資材や肥料を持ち込まず、ほとんどをその地域で手に入るもの、究極はその畑の中にあるものだけで賄っています。

沖縄であれば、たとえば台風で飛んできたゴミみたいなものもうまく利用しちゃったりするんだろうな。

子供の頃、仲間と雑木林の中に基地を作って遊んでました。
不法投棄のゴミさえも、当時にしてみたら宝の山。

いろんな意味で、沖縄の「てーげースピリット」を取り入れて暮らしていきたいと思った夜でした。

※沖縄ナイトは一年に一度、毎年7月の最終月曜日です~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうとう教室 真夏の陣

7月24日(木)・・・上天気♪

毎年冬に、お隣の亀井野小学校の5年生の子供たち対象にお招きいただいている「ほうとう教室」。
今回は、先生方もトライ!ということで、普段めったに入ることもない給食調理室で、栄養士さん、給食調理員さんも一緒に20人ほどでほうとうを作りました。

普段のほうとう教室では子供たちだけですべて仕上げてもらうので、先生方の中には生地をこねたりするのが初体験の方も。
でもさすがですね~、要領よく力強く、見事にこねあげ、延しも均一の厚みに仕上げました。

003

いつも子供たちに愛情いっぱいの給食を作ってくれている調理員さん。
2学期には「手打ちほうとう」がメニューに加わるかも?

006

先生よりもお蕎麦屋のご主人の風貌ですね~

009

教頭先生もトライ!おふくろの味~

002_2

野菜もすべてみなさんで刻みました。
調理員さんはもちろん、先生方も見事な手つきでした。

010_2

材料はすべてへっころ谷から持参しましたが、調理器具などはすべて調理室のものをお借りしました。
さすがに一度に300人分の給食を作るだけあって、すべての道具が大きい!

生地を熟成させている間、短い時間でしたが、輸入小麦と国産小麦の性質の違い、身土不二・一物全体食、子供の食事と大人の食事の違いのことなども、精一杯お話させていただきました。

ちょうど今朝の神奈川新聞に神奈川の食育推進計画などの記事が2ページに渡って大きく掲載されていましたが、その中で、食育推進の狙いとして、以下の3つが書かれていましたので、こちらも引用させていただきました。

【第一に、食生活を中心とした生活習慣の改善の必要性があり、大人になって生活習慣病が発症してから慌てて取り組むのではなく、子供のうちから正しい生活習慣を育んでいくこと。】

これについては、「三つ子の魂100まで」という言葉があるように、3歳ごろまでにインプットされた味覚は、そう簡単には修正が効かないって事は、ファーストフードの客層が徐々に高齢化しているって事を見れば分かりますよね。

【第二に、食料自給率の問題で、カロリーベースで38%まで落ち込み、神奈川にいたっては3%という数字。
生産地と消費地の距離を縮めていく努力としての地産地消の推進。】

神奈川3%は私もショッキングな数字でした。
昨今のエネルギー事情も踏まえ、地域で小さく循環していく必要がありますよね。

【第三に、教育の問題として、私たちの食事は様々な動植物の命を受け継ぐことであり、そこに「いただきます」「ごちそうさま」という感謝の言葉を忘れてはならないこと。】

これについては言葉で言ってもなかなか伝わることではないと思っています。
私は「体験」させてあげることが手っ取り早いと思っています。
子供たちが自分たちの手で、食べ物を作る。
単に収穫体験だけではなく、種まきから草取りなども。

これは以前から提案させていただいていましたが、今年のほうとう教室では、子供たちが今、学校の菜園で育てているサツマイモと、2学期になってから蒔く根菜類が使えそうです。(やった~!)

さらに来年は、子供たちが小麦を育てるところからやってみませんか?
という提案に、栄養士さんや先生方が興味を示してくれて実現できそうです。(最高ー!)

これは近所の農家さんや日大の学生さんたちともコラボレーションしていきたいと思っていますので、報告を楽しみにしていて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けんちゃん菜園 なす ナス 茄子~

002

ほうとうまつりで「なないろばたけ」さんから購入した白丸なす

006

こちらは長なす 漬物がおいしい!

023_2 

おまけは「茄子くん」

Photo_3 

もうひとつおまけは「人参チャン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けんちゃん菜園 2008・7・9

005

ヤーコンが周囲の草に負けずに元気に育っています

009_2 

昨年、虹色畑のぎんちゃんから分けてもらったジャンボにんにく 花が実りました

014_2

きゅうりの花

018 

ちょっと蒔き遅れたけど島オクラの苗も元気です

けんちゃん菜園は、ご覧のとおりの草生栽培。

周囲の草と共生させて、負けそうになったら草を根元から刈り取り(抜かずに)、その場に倒します。
この倒した草の下は、様々な土着の微生物や小動物にとって暮らしやすい環境になっていて、そのいのちの循環の中で、それらの屍骸や排泄物が分解していく過程で自然と肥料になり、わざわざ肥料を施すこともほとんどなく、自然な食べ物が育まれてます。

また、草に覆われていて、地表がむき出しになることがないので、畑を始めてからこの5年間、どんなに日照りが続いても、水遣りをしたことが一度もありませんが、枯れたり萎れたりした作物はひとつもなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄ナイトのご案内

ウチナンチューもヤマトンチューも、失業中も失恋中も、アル中もピカチューも、焼酎も泡盛も、ほうとうもチャンプルーも、みんな集まれ、いちゃりばちょーでー(一度会えばみんな兄弟)!

一年に一度の沖縄ナイトですよ~。

沖縄には「てーげー」という言葉がありますね。
「いい加減」とか「ほどほど」などの意味と言われますが、
「遠くのものを欲しがったり」、「人より良い暮らしを望んだり」せず、

「身の回りのもので豊かに暮らす」
「身近にいる人たちと楽しむ」

こんな意味合いもあるんじゃないでしょうか。
そんなチャンプルースピリッツで楽しい夜にしましょう!

7/28(月)PM18:00頃~22:00頃

参加費:食事(沖縄プレート+1ドリンクつき)
大人2000円 学生1500円 小学生1000円
※  手料理持参の方は参加費が1000円!(沖縄プレート+1ドリンクつき)

ミニライブ出演→みるく・輪 楽器持ち寄り・飛び入り歓迎♪

お申し込みは人数(先着40名さま・大人、学生、小学生の内訳)・TELナンバー・手料理持参の有無を明記して下記までどうぞ。

TEL&FAX 0466-82-1702
MAIL hekkoro@tbp.t-com.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月のごんばちギャラリー

002 001

003_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笹の葉さらさら

020_2

へっころ谷七夕ウィーク 7/9まで

秘めた想いを書いたり言葉にすることは、実現に向けての初めの一歩♪
皆さまのお願い事は、後日神社に奉納いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大豆を蒔きました

7月1日・・・・曇りのち晴れ!

来年のスタッフ自給用味噌仕込みに向けて、ごんばち近くの遊休耕作地を農家さんからお借りして、大豆を蒔きました。

006_2 

大豆の品種は津久井在来。

メンバーは・・・

013 

へっころ若おかみのさわちゃん・へっころスタッフの卓矢・コア常連の冬樹・へっころNEWスタッフのんちゃん、へっころ&ごんばちのビッグボスのお父さん・そして自分。

たくさん収穫できたら、ほうとう用のお味噌も仕込めるかも!
などと野望を抱きつつ・・・・。

001_2

この地域には、豆の類が大好きな鳥さんたち(カラスや鳩、キジさん)がたくさん!
豆まき後の対策に、急遽ホームセンターで購入したネットを張り詰めました。

 
この湘南地域にも、遊休耕作地はほんとに多いです。
米・麦・大豆で成り立っている日本の食事ですが、この三つがそんな場所で地域自給できたらいいですよね。

現在、大豆の自給率は5%を割り込んでいるそうです。

味噌・醤油・豆腐・納豆・・・・
日本人の食卓には必要不可欠な食材の原料の、95%を輸入しているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »