« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

梅刈りツアーPart2

     6月24日(火)・・・本日も・・・上天気♪

先々週の小梅狩り
http://shonansp.cocolog-nifty.com/hekkoro/2008/06/part_1_9e6e.html
に続いて今年二回目の梅刈りツアー。

016_4

今回は梅酒や梅干、梅シロップに幅広く活躍してくれる親梅が目的

007_2

目的地は前回同様、山梨県甲府市上帯那
みはらし広場からは甲府盆地と富士山が一望できる
メンバーは総勢12人

 012_4

へっころ&ごんばちのビッグボス

021

地元に戻ってちょっとテンション高めのおかみ

 020

常連さんの高橋もとこさんは何でも手作り派
梅シロップ作りの極意も伺っちゃいました

 041  

OBスタッフ(現NICOオーナーシェフ)のゆみちゃんが木苺のトゲに・・・
 (NICOブログhttp://nicogohan.exblog.jp/
NICOでの梅料理、楽しみにしてま~す

009

 

NICOスタッフたーちゃんの農業用スパイクは・・・・・
初対面でしたが、とっても楽しい女の子でした

045

 

OBスタッフのノブ
ずーっと運転手、ありがとう

019

同じくOBスタッフ七瀬
3年連続の参加で余裕のエンジョイ♪

 017

ヘルプスタッフのかおちゃん
梅のお菓子を作るのかな?

037

へっころ現役スタッフ・達也
里山の美味しい空気を満喫

015

へっころ現役スタッフ・卓矢
草笛や草のアートを楽しんでました

010

ごんばち現役スタッフ・やすひろ
狙った獲物は逃さない!

023

1時間半ほどで、およそ150kgの収穫!

  033

母の実家、築150年の母屋

038

な~んにもない里山
だけど大切なものがたくさんある気がします。

 050

作業のあとは前回同様、黒平の「藤原庵」でほうとうを頂きました。「山梨でほうとうを食べたいんだけど」と言われておすすめしたいのは、今のところこの藤原庵だけですね。素朴な山菜料理や川魚も美味しいです。

053

またまた甲府の「わじあじあ」。今回のメンバーも絶対連れて行きたい!と思っていました。予想通り、みんな店内入り口から好奇心丸出し!店内に入ってさらに目がキラキラ!秘密基地のような素敵な場所で、1時間ほど思い思いに買い物を楽しみました。私は香りがとてもよいマサラチャイを頂きながらオーナーご夫婦との会話を楽しみました。

ということで、梅干・梅酒・梅シロップ・梅ジャム・梅肉エキス、製造中です。

みなさまにお届けできるのは秋以降。
お楽しみに~♪

※藤原庵→http://www.d6.dion.ne.jp/~m-tosa/newpage7.htm

※五味醤油株式会社→http://www.yamago.ecnet.jp/

※わじあじあ日記→http://ameblo.jp/wajiajia/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るくないから見えてくるもの

2008夏至 キャンドルナイトINへっころ谷

~明るくないから見えてくるもの~

●6月20日(金)17:00~閉店まで

毎年、夏至と冬至の頃、へっころ谷では、
店内の電気を消して手作りみつろうキャンドルの灯りのもと、
スローな夜をお楽しみいただいています。

古来より日本人は、闇の部分をとても重んじ、大切にしてきた民族でした。
現代では、本来、闇であるはずの時間や空間にまで一日中光を当て続けています。
その結果、見なくても良いものまで見えて、休むものも休まらず、
個人レベルでも地球レベルでも強いストレスがかかっている状態と言えるのではないでしょうか。

ちょっとだけ時代をさかのぼれば、
月明かりとキャンドルだけでずっと続いてきた豊かな暮らし。
そんな日本人本来の生活リズムと闇を重んじる文化を、
たまには取り入れて過ごしてみませんか。

♪ アコースティックコンサート  摩利(弾き語り) ♪

※ 店内のキャンドルはスタッフ手作りの「みつろうキャンドル」です。
通常のろうそくは石油系原料で、燃焼時の安全性や環境負荷を疑問視される声もありますが、みつばちの巣から作られるみつろうは、口に入れても大丈夫なほど安全性が高く、
使用後もリメイクができる素材です。(でも口には入れないでくださいね~笑)

本 日 限 定
大地のごはんプレート
◎みにほうとう
◎玄米おむすび1ヶ
◎ジャガイモと稗(ひえ)の味噌煮
◎青大豆の煮豆
◎ひじきの煮物
◎切干大根の甘酢漬け
◎ぬか漬け
全部で1000円

キャンドルナイトにちなんでご用意する限定プレートは、
日本古来の食材・調味料・調理法で、ゆっくりゆっくり作ります。

みなさま、ぜひお出かけくださいね。

キャンドルナイトちょっとだけご報告

005

  へっころNEWスタッフ、摩利のアコースティックライブ

006

 純ちゃん&舞ちゃんのコカリナ演奏

 Photo_2

 たくさんのピースメッセージも書いていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みつろうキャンドル作り

001 6/16(月)

夏至の全国一斉100万人のキャンドルナイトを、手作りのみつろうキャンドルで過ごそう!

ということで、お店の休憩時間を利用してのキャンドル作り。
参加者は大人6名・子供10名、講師はキャンドルナイトIN湘南事務局の吉田洋子さんと、マイ箸くるまり屋の伊藤真理子さん。

通常のろうそくは石油由来の原料で、燃やすことでの安全性や環境負荷が指摘されることもありますが、みつろうはミツバチが巣の中につくる天然のろうで、赤ちゃんが口に入れても大丈夫なほど安全性の高い素材です。

まずみつろうを湯煎で溶かします。 

003

固まりかけたところを好きな形にこねこね。

 

004これはディッピングという方法。

みつろうと水に交互に浸していきます。

005_4  

こんな個性的なキャンドル

007

008

006

006_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅狩りツアーPart 1

6/10(火)・・・・・上天気♪

母の実家、甲府市上帯那という村まで小梅を摘みに行きました。
メンバーはOBスタッフ・沙紀、コアな常連さんの冬樹、有坂母、そして自分の4人。

帯那は甲府から山道を30分ほど登ったところ。
甲府盆地と南アルプスが一望できる絶景ビューポイントとしても密かに知られています。
あたりは段々畑と棚田が広がり、名も知らない野草や花も咲き乱れ、色んな動物たちの気配。
子供のころから大好きな、いつも頭を空っぽにしてくれる場所です。

現在は過疎が進み、母の実家も今は住む人もなく、叔父が手入れをして守ってくれています。
その叔父が出迎えてくれて、早速、20本近くある小梅の木の下で収穫作業

  

2008_014

無農薬放任栽培の小梅の木
だけど、ちゃんと今年も実を結んでくれています
「だけど」じゃなく「だから」かな?

冬樹、丁寧に慎重に収穫

2008_007











沙紀、ちょっとひとやすみ    

2008_018_2

 

 

いろんな虫さんたちの出現に大喜びしながらの選別作業

2008_027 
  
  

3時間ほどで、およそ100kgの小梅を収穫
この小梅がへっころ谷とごんばちに登場するのは8月頃かな

2008_029

さて、作業を終えて、ちょっと遅めのお昼ご飯は、山梨の観光スポット・昇仙峡からさらに山奥、黒平という人口数十人の村の「藤原庵」というおそば屋さん。
おそばも美味しいけど、こちらのほうとうがこれまた美味しい。
村で採れる季節の野菜のほか、塩漬けで保存してある山菜やきのこがたっぷり入ってとてもぜいたくなほうとう。
景色も絶景で、心も体も満たされました。

2008_031

甲府の街中にあるいつもお世話になっている「五味醤油」さん。
帰り際にちょっとごあいさつだけ・・・と思い立ち寄ると、丁寧にお茶を勧めてくれて、
先日の「ほうとうまつり」の話題などで盛り上がりました。

甲府って結構カルチャーな街のようで、この夏至にもキャンドルナイトを展開するショップが数多くあるそうです。
それも商業主義ではなく、しっかりコンセプトを持ってそれぞれが展開するキャンドルナイト。

五味さんの長男のH君が、そんなお店の中でも、とても個性的なお店があるから紹介するよ、と「わじあじあ」というショップに連れて行ってくれました。
(写真撮り忘れるほど個性的なお店でした・・・・汗)

一瞬、「大丈夫なのか?この建物・・・」と思うぐらいのすごいお店構え。
中に入ると、まるで子供の頃に雑木林に作って遊んだ基地のように、ワクワクが止まらない迷路のような造り。
木のぬくもりあふれる手作りの棚に、たくさんの個性的な雑貨や手作り品、アジアの民芸品の数々。
5人ほどかけられるカウンターの中では、このお店のオーナー、のりさんと奥さんが、美味しいお茶を入れてくれます。
おすすめのカルダモンチャイを頂きましたが、これが絶品!
山梨での楽しみがまたひとつ増えました。

さて、6月中にもう一度、今度は親梅を摘みにみんなで山梨まで行ってきます。
こちらはちょっと皆さまにお分けできるぐらい収穫する見込みです。
梅干・梅酒を、無農薬の梅で作りたい方は、メルマガをチェックしておいてくださいね。

※メルマガ未登録の方は、こちらから登録できます。
携帯の方→mailto:M0047726@r.mini.mag2.com
↑こちらのアドレスに空メールを送ってください。
PCの方→http://mini.mag2.com/m/M0047726.html
↑こちらから登録できます。


※藤原庵→http://www.d6.dion.ne.jp/~m-tosa/newpage7.htm

※五味醤油株式会社→http://www.yamago.ecnet.jp/

※わじあじあ日記→http://ameblo.jp/wajiajia/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

=へっころ谷のキャンドルナイト企画=

Photo~作ってみよう、みつろうキャンドル♪~

●日時  6月16日(月)15:00~17:00まで 

●参加費  300円+ 材料費 1ケ500円    要予約

自然素材のみつろうで、好きな形にコネコネ!
ひとつひとつ全く違う個性豊かなキャンドルができあがります。
世界に一つのオリジナルキャンドルで、夏至のキャンドルナイトを過ごしてみませんか?

●講師 吉田洋子さん (キャンドルナイトin湘南 事務局)
キャンドルの楽しい話も聞けちゃうよ!

●お申し込み・お問い合わせ
0466-82-1702 / hekkoro@tbp.t-com.ne.jp

~明るくないから見えてくるもの~

●日時  6月20日(金)17:00~閉店まで 予約不要

毎年、夏至と冬至の頃、へっころ谷では、店内の電気を消して手作りみつろうキャンドルの灯りのもと、スローな夜をお楽しみいただいています。
古来より日本人は、闇の部分をとても重んじ、大切にしてきた民族でした。
現代では、本来、闇であるはずの時間や空間にまで一日中光を当て続けています。
その結果、見なくても良いものまで見えて、休むものも休まらず、個人レベルでも地球レベルでも強いストレスがかかっている状態と言えるのではないでしょうか。
ちょっとだけ時代をさかのぼれば、月明かりとキャンドルだけでずっと続いてきた豊かな暮らし。そんな日本人本来の生活リズムと、闇を重んじる文化を、たまには取り入れて過ごしてみませんか。

●アコースティックコンサート

出演 摩利(弾き語り)  他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬぅとうーむぅーの深呼吸ライブでした♪

今年の1月に初めてへっころでライブをやってくれたNUUちゃんとUOOMOOさんのユニット、「 ぬぅ と うーむぅ」の深呼吸ライブが、これがまた盛り上がってみなさんノリノリでした♪

来ていただいたみなさん、ありがとうございました。
子供さん連れも多く、和んだひとときでしたね。

もうNUUちゃんにはリハから笑わせていただいて、ほんとにこの人の頭の中のワールドは摩訶不思議です。

「ほうとう食べておなかがでたよ~♪
困った困ったどうしよう
困ったからおなかを食べた~
おなかを食べたらまたおなかが出た
困った困ったどうしよう~♪」

↑リハでのNUUちゃんの鼻唄です(笑)

蛙の詩人・草野心平が作詞したNEWアルバム「つんつん つるんぶ つるんぶ つるん」からの曲もよかった。

「百姓といふ言葉」、この曲は最高です~

裕子さんと夏秋さんのさまざまな民族楽器を取り入れたコミカルで確かで力強い演奏もすごかった~
なんでそんな楽器の使い方できるんだろう?
それって楽器になっちゃうの?
圧倒されました!

NUUちゃんは6/21・22に10周年のライブをするそうです!
50曲唄うらしい・・・・・・・
http://nuu-nuu.com/

UOOMOOのお二人は7月14日(月)にワンマンライブが決定しています。
見たい~!
http://www.tt.rim.or.jp/~hico/index.html

へっころでの次回のライブも、日程が決まったらまたご連絡します。
今回「見逃したー!」という方も、
「また見たいー!」という方も、
楽しみにお待ちくださいね! 

005

  

008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月のごんばちギャラリー

今月は「へっころ谷30周年・ごんばち3周年記念のパネル展示」となっております。

へっころ谷・ごんばちの歩みや先日開催されたほうとうまつりの写真展示などをちょっとづつ飾っていきますのでお楽しみに♪

また、ごんばちではギャラリー出展者を随時募集しております。
個人で、サークルで、市民活動などで、作品発表や自己表現、活動発表の場などにお使いください。
プロアマも問いません。
作品の販売も可。
「こんなことやってみたいんだけど・・・」
どんなことでも相談してみてくださいね。

お申し込み・お問い合わせは
ごんばち
0466-48-0055
までお気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごんばち臨時休業です

6/8(日)、慶事のためごんばちが臨時休業となります。

へっころ谷は通常営業しておりますので、よろしかったらご利用くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へっころ谷「旬のメニュー梅雨バージョン」です

Photo_2 【梅つぶ有機豆乳シェイク】

さわやかな口当たりでヨーグルト風のベジシェイク
自家製の梅ジャムで作りました

夏バテなどには梅のクエン酸がとてもいいです

【創作ほうとう・冷麺】
ふき味噌ほうとう\1、000 
黒ごまチャーシューうどん\1、000 

【ほうとう 旬のトッピング】
天然山菜ミックス+\200

【創作ごはん】     
ひじき混ぜごはん\450
ひじき混ぜごはんのセット¥600
カリカリジャコのせ大根菜めし\450
カリカリジャコのせ大根菜めしセット\600
ふき味噌おむすび\150

【旬のサラダ】         
新玉ねぎスライス¥200
天然山菜ミックスと生野菜サラダ¥450 
山うどのぬた¥400

【一品料理】
カレイのから揚げ¥500 
京芋とお豆のクリームコロッケ(2ヶ)¥500
あま~い新たまねぎと干しシメジの豆乳クリーム煮¥500
新じゃがの高座豚そぼろ¥550

【季節のドリンク】 
梅つぶ有機豆乳シェイク\350
自家製梅ジュース\350
自家製やまももジュース\350

【旬のデザート】
豆乳の黒ごまプリン\350
豆乳のいちごアイス\350
黒米の白玉ぜんざい\350

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »